パソコンデータ完全消去の業者をお探しなら、大阪箕面に拠点を置くJ.Free(ジェイフリー)ネットワークまで。企業様よりの大量の廃棄・データ消去もお任せ下さい。


回収

買取

データ消去

消去方法

会社概要

お問合せ

プライバシーポリシー

特定商取引法記述

 

パソコンの回収・データ消去の
メールでのお問い合わせは
24時間受け付けています。

営業時間:AM10時〜PM6時
TEL:072-702-3200

パソコン回収・廃棄もお任せ下さい。
データ消去やリサイクルに
関するお問合せも
お気軽にご連絡下さい。

 

相互リンク紹介

 

 

トップページ > よくある質問

当社に寄せられる、お客様からのよくあるご質問と回答です。パソコンデータ消去にてご不明な点にご参照ください。

■データ消去について


ハードディスクが壊れていますが、データ消去は出来ますか?

データ消去できないハードディスクはCrushboxにて物理破壊を行いますのでご安心下さい。
ハードディスクデータ消去・物理破壊社内で使用していたパソコンを廃棄したり、故障したパソコンを業者に下取りしたりする場合には、パソコン内のデータを復元不可能な状態にする必要があります。

ハードディスクを物理的に破壊する方法と、保存してあるデータを復元できないまでに別データで上書きする方法(論理消去)とがあります。故障のパソコン、ハードディスクであっても一度お問合せください。


データ漏洩(ろうえい)の危険性はありませんか?

ソフトによるデータ消去の場合は、OSが立ち上がる前にデータ消去作業が始まりますのでハードディスク内の個人情報が閲覧されることはありません。
消去方法もNSA(米国家安全保障局)準拠の3回書込み消去を行っておりますので、データ消去後に復元されることはほぼ不可能です。


データ消去されたことを証明してもらえますか?

弊社ではデータ消去作業報告書・買取証明書を発行し、お取引完了のエビデンスとしております(有料)。 料金表はこちら


マニフェストは発行できますか?

承っております、産業廃棄物収集運搬車によりお引き取りに伺った後
マニフェストを最終処分業者に手続きをして発行するように代行いたします。(要代行費用)


パソコンの立ち上がりが異常に遅くなった気がする、何もしていないのにハードディスクが回っている。パソコンの異常が見受けられる。ウイルスが心配です…

ウイルスソフトでのウイルスの検索をしてください。ウイルスソフトは常にアップデートして最新状態にしておく。ウイルスソフトが導入していなければ、オンラインウイルススキャンで実行してください。
そのまま放置しておくと、お客様が送ったメールにより二次被害を出すことにもなりかねません。パソコン内の大事なデータを流出させる前に、一度ウィルス・スパイウエア駆除サービスを受けてみてください。ウイルスが発見されなければ他に問題があると思われます。メモリーの容量は大丈夫でしょうか。メモリーの容量が少ないと、ハードディスクにアクセスを頻繁にするようになり、遅くなる原因にもなります。

「デフラグ」実行していますか?データーの断片化がひどいとパソコンの速度が遅くなります。
プログラムをインストールしたり、削除を繰り返していませんか?プログラムを削除しても全部が消えるわけではありません。プログラムが残っていたり、必要のないレジストリ情報が残って、これが速度を落とす原因にもなります。
必要なない常駐プログラムは停止状態にしましょう。
ハードウェアを追加してから動作がおかしい場合も同じことが言えます。
この場合、ハードウェアを取り出して、ハードウェアのドライバーをいったん決してください。再起動し、もう一度、ハードウェアを入れてください。この作業で治ることもあります。OSに対応したドライバーを入れてください。ハードディスクの故障かも…という場合は、交換になります。
OSの更新プログラムの実行はまめに行ってください。
以上のことを実行しても、動作がおかしいなら、OSの再インストールです。
自分で作成したデータ、環境設定のバックアップをまず、しましょう。同時にウィルスソフトでチェックしてみてください。ご自身で作業するのは、ちょっと…という方はどうぞお気軽にご相談ください。OSの再インストールやハードディスク交換作業にも対応しています。

※その他、データ消去に関するご不明な点はお気軽にお問い合わせください。